ハイビジョン画質で映画鑑賞

【送料無料】SHARP地デジWチューナー搭載
HDD内蔵ブルーレイディスクレコーダー

ブルーレイディスク(Blu-Ray Disk)は、単層で25GB、2層で50GBという膨大なデータ容量を備えています。記録容量に左右されずに、ハイビジョン画質で映画を鑑賞できます。フィルムの質感まで感じられる映像を、1枚のディスクに収録でき、映画館のような臨場感あふれる映像を自宅で楽しめます。さらに、圧縮方式によっては、7時間を超えるハイビジョン映像を収録できます。その上、インタラクティブ機能の搭載やインターネットと接続した、新たなメディアの方向性も模索されています。ブルーレイディスクは、これまでのエンターテインメントの姿を一新し、今までにない映像体験をもたらしてくれます。

ハイビジョン番組をそのまま録画

地上デジタル放送の開局とともに、すでに広い範囲で見られるようになったハイビジョン放送。ハイビジョン番組はデータ容量が大きく、リアルタイムで見るか、大容量のHDDに録画して見るしかありませんでした。しかし、ブルーレイディスクの登場により、ハイビジョン放送をオリジナル画質でディスクに録画・保存できるようになりました。臨場感あふれる映像とともに高音質5.1chサラウンドも、1枚のディスクに記録可能。持ち運びや保存が手軽にできるディスクに記録すれば、ハイビジョン番組をもっと自由に楽しめるようになります。

パソコンなどの大量データを記録・保存

大容量データをダウンロードできるブロードバンド環境や、パソコンのオーディオ、ビデオ、写真機能が増加し、さらに大容量の記録メディアが必要とされています。大容量のブルーレイディスクなら、1枚のディスクにパソコンのデータをそのまま保存できます。

約5倍の高密度記録

CDやDVDの赤い色のレーザー波長は650nm(ナノメートル)。これに対し、ブルーレイディスクの青紫色のレーザー波長は405nmとさらに短波長。この青紫色レーザーを使うことで、ビームスポットの微小化が実現されています。さらに、光を絞りこむ能力に優れた高い開口数(NA)のレンズが採用採用されており、DVDの0.6を上回る0.85まで光の密度を高め、トラックピッチがDVDの半分以下になっています。このように、ブルーレイディスクでは、短波長の青紫色レーザーを高開口数のレンズでギュッと絞り込むことで、光スポット(焦点)面積を、DVDの約1/5に。その結果、DVDの4.7GBに比べて約5倍にあたる25GBもの大容量記録を実現できるのです。

スポンサードリンク

最後の波長「青紫色レーザー」

光の波長は、赤から紫へ向かうほど短くなります。光の原理から考えると、ブルーレイディスクに用いられる「青紫色レーザー」は可視光線の中では最後の光の波長で、これより短い波長を用いると、ディスクの原理そのものを変えなければならないと言われています。つまり、ブルーレイディスクは家庭用光ディスクの最終形とも言えるのです。